期間工はギャンブル&ソシャゲ中毒だらけ!関わらない為にどうすべき?

スポンサーリンク

期間工生活でよく思うのは、期間工にはギャンブルやソシャゲ好きが多すぎる!ということ。

しかもその人たちは、期間工なってからギャンブルやソシャゲを始めたのではなく、ギャンブルやソシャゲにはまり過ぎてカネがなくなったから期間工になった…というパターンが大半です。

ギャンブルやソシャゲに全く興味のない僕は理解できませんが、中毒者というのはジャンル関係なくそういうものなのかもしれません。

だからこそ、余計に救いようのない人たちが多いんですよね。

当記事では、これから期間工になる人はギャンブルやソシャゲには十分用心すべし!というテーマについて書いていきます。

スポンサーリンク

口を開けばギャンブルやソシャゲネタばかりな人たち

ギャンブルやソシャゲ好きな人たちは、口を開けばそのネタばかり話している印象です。

代表的なのが、競馬とパチンコの2つですね。

「今日はどの台うちにいく?」

「昨日は○○円負けたわ…」

「××賞はどれが来ると思う?(どの馬が勝つと思う?)」

みたいな会話は毎日のように聞きます。

競馬やパチンコで負けこんで借金抱えてるみたいな、ギャンブルに人生懸けている中毒者もいますね。

さらに重症化すると、僕ら期間工の同僚から借金して、いつまで経っても全然返さない…みたいなクズもいる始末。

ソシャゲ好きも大体似たようなもので、

「昨日△△に10万課金したわw」

みたいな話を耳にしたこともあります。

10万!? わろてる場合か!?

と僕含む大半の人は思うでしょうけど、ソシャゲ中毒の人にとってはそれが普通なんですよね…。

いったん中毒になると、普通は異常に思える行動でも、当の本人は全く疑問を持たなくなるのが恐ろしいところです。

なんで期間工はギャンブルやソシャゲ好きが多いの?

じゃあなんで期間工にギャンブルやソシャゲ好きが多いの?って話になりますが、

  • ストレス解消
  • 手元に金が残りやすい

この2つが大きな理由だと僕は考えています。

①肉体労働のストレス解消

期間工の作業は、単純労働が主体で人間関係の悩みが少ないとはいえ、自分の体を酷使する仕事ですから、そのストレスに悩まされる人もいるでしょう。

特に体力に自信がない人や、40代以上の高齢の期間工に多い印象です。(勤務場所によって異なりますが)

とはいえ、ストレス解消のためにギャンブルやソシャゲにハマる人は少なめ。

次に解説する理由でハマる人のほうが圧倒的に多いです。

②手元に金が残りやすいから散財してしまう

手元に金が残りやすくて、つい散財してしまう。これが期間工にギャンブルやソシャゲ好きが多い最大の理由です。

期間工の勤務場所は田舎にあることが多いため、寮に住むことがほとんど。

しかも寮費と水道光熱費の両方が無料のケースも多いです。(どちらか一方を給与天引きされるメーカーもあり)

さらに食費は工場の食堂で給与天引きされるため、自分の手元には多くの金が残ります。

食費の天引きを考慮しても、手取りで約20万円以上は残る計算です。

おわかりでしょうか?

期間工になれば、手取り約20万円をほぼ丸ごとギャンブルやソシャゲにつぎ込める環境が出来上がるんですよ。

まさにギャンブル天国ってわけですね。

あと20万円という金額が絶妙だと思います。

人間は中途半端にカネを持つと散財するとよくいいますが、20万円というのは「小金持ち」というのにピッタリな金額。

競馬やパチンコに大金つぎ込んだらあっという間にマイナス…あるあるですよね。

そういう人たちは運よく(悪く?)小金持ちになってしまった為に、もっとカネを増やそうと企んで返り討ちにあってしまったんですよね。

自分が巻き込まれないためにはどうすべきなのか?

これから期間工になりたい、あるいは今期間工をしているあなたが、ギャンブルやソシャゲ中毒者に巻き込まれないためにはどうすべきか?

対策方法を伝授していきましょう。

①無視する

1番安定な方法です。

あなたがギャンブルやソシャゲに興味がないなら、そもそも関わらないのが1番です。

それでも、ギャンブルやソシャゲ中毒者が無関係のあなたを巻き込もうとする可能性はあります。

実際僕は、パチンコ依存症の人から借金をやんわりと迫られたことがあります。もちろん断りましたけどね。

確か2万円ぐらいだったでしょうか。

それ以外の理由でも”金貸して”と誘ってくる人は多いです。

理由や相手はどうあれ、人に金を貸すことは絶対NGです。

金銭トラブルのもとになりますし、最悪犯罪に巻き込まれる可能性だってあります。

ただそれでも人に金を貸しちゃう人っているんですよね。

僕が聞いた中で1番驚いたのが、初めて話しかけれた相手に「今月金が厳しいんで10万貸してください」と言われて貸しちゃった人がいるらしいんです。

話しかけた人が金欠だった理由は案の定ギャンブル絡みだったんですが、初見の人にいきなり10万貸すってどう考えても普通じゃないですよね?

もしかすると金を貸したその人もギャンブル中毒で、中途半端に小金を持っていて浮かれてたのかもしれませんが。

とにかく、ギャンブルやソシャゲ中毒者には極力関わらないのが鉄則です。

②最低限の人間関係しか作らない

個人的な意見ですが、色んなトラブルに巻き込まれたくないなら、そもそも人間関係を最低限度に留めればいいんです。

金銭問題などのトラブルの発端は、人間関係であることがほとんど。

もし職場で仲良くなった人がギャンブル中毒で自分も誘われたら、ちょっと断りづらくないですか?

なんだかんだ期間工の仕事も、ちょっとは人間関係がありますからね。

そこでコロンブスの卵的な発想ですが、

最初から他人と関わる姿勢を見せなければ、話しかけられる機会も少なくなる。
つまり、トラブルに巻き込まれる機会も少なくなる。

こう考えられませんか?

これは個人の単純作業が中心な期間工だからこそできること。職種にもよりますが、大抵の職業ではこうはいきません。

期間工でも上司や正社員、自分の持ち場の近くにいる人とぐらいはコミュニケーションが多少は必要です。

逆に言えば、それ以外の人と関わる必要は基本的にありません。

関わるとしても仕事の話だけで十分です。

え? 自分の近くにいる人がギャンブル依存症?

そういう人とは仕事の話以外はしなくていいです。

もし何らかのトラブルに関わりそうだと感じたら、すぐ上司に報告しましょう。

まとめ

当記事ではギャンブルやソシャゲ中毒者に巻き込まれないためにはどうすべきか?というテーマを取り上げました。

内容をまとめますと、

期間工は手取りの給料をほぼ丸ごとギャンブル等につぎ込めてしまう

人は小金持ちになると散財して破滅しやすい!

人に金を貸すのは絶対にNG!

そもそもの人間関係を最低限に留めるのが最安定

この4点がポイントです。

本来期間工は貯金や副業、資格勉強など、将来プラスになるようなことに投資すべきです。

それがギャンブルやソシャゲ中毒になって無意味に散財しては意味がありません。

あなたがそういう立場にならないためにも、ここで書いたことを参考にしてくれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました