【ホンダ期間工】熊本工場の寮と周辺環境を徹底解説

スポンサーリンク

ホンダの熊本工場(二輪車工場)では期間工の募集が行われています。

熊本工場は二輪車専用の工場であり、スーパーカブをはじめとする多くの二輪車を製造しています。

完成車工場である埼玉・鈴鹿工場とは異なり、年中募集しているわけではなく不定期で募集となっています。

これは浜松(トランスミッション製造部)と栃木(パワートレインユニット製造部、ホンダエンジニアリング)でも同様です。

今回の記事では熊本工場の寮にスポットを当てて、寮や通勤時間、周辺環境について解説していきましょう。

スポンサーリンク

①熊本工場 寮について

熊本工場には期間工向けの寮(レオパレス含む)が用意されています。寮費と水道光熱費が無料なのがとてもうれしいですね。

住所等は不明ですが、部屋や設備がキレイで大浴場もあるので快適に過ごせるとの評判です。

主な設備面:水道光熱費が無料、大浴場、冷暖房完備、布団無料貸与、シーツ交換無料、

注意点として、

  • 寮からの送迎バス等はない
  • 工場から遠いので徒歩通勤が困難

なので、自分の車・バイクを持ち込むことが必須です。熊本工場の期間工に地元の人が多い理由がこれですね。

通勤バスもないので、通勤も必然的に自分の車・バイクをつかうことになります。

車やバイクを持っていない県外の人には、熊本工場で働くのはあまりオススメできません。

逆に言えば、地元が熊本で車やバイクが好き!という人には最高の環境だと思います。

ちなみに熊本工場の場所がこちらです。

住所:〒869-1293 熊本県菊池郡大津町平川1500

ストリートビューを見る限り、これは確かに車がないと厳しそうな立地ですね…。仕事も生活もマイカー前提という感じがします。

②レオパレス

設備:バストイレ別、冷蔵庫、キッチン、電子レンジ、洗濯機、2口コンロ、クローゼット、TV、

インターネット(レオネット)半年無料+その後月1,600円

繁忙期などで寮に空き部屋がない場合はレオパレスに住むこともあります。

寮と同じく寮費と水道光熱費が無料だし、キッチンやバストイレ付なので快適に過ごせそうです。

もっとも自分専用なので、掃除は自分でやる必要はありますが。

施工不良問題の影響はどう?

レオパレスと聞いて気になるのが、ニュースで騒がれた施工不良問題についてではないでしょうか。

熊本工場以外の全国各地でもレオパレスを会社側で借り切って、寮として提供しています。

ホンダではレオパレスに住んでいたけど施工不良で強制退去になった…という話は今のところ出ていません

ひとまず安心していいですが、今後の物件調査が行われた際に施工不良が発覚する可能性はありますので、レオパレスに住むことになったら十分注意する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました