クソ上司に当たった時点で詰み!だからさっさと逃げていい

スポンサーリンク

クソ上司に倍返しだ!

どうも現役ホンダ期間工のtakuです(@takukouryaku)。

ドラマ「半沢直樹」の続編が放送決定したそうですね。

最高視聴率40%以上を記録し、社会現象を巻き起こしたドラマ。

特に印象に残るのは、上記の「倍返しだ!」というセリフだと思います。

一会社員である弱者が役員である強者に下剋上する…こういうストーリーは日本人にはホントに受けがいいですよね。

でも実際、こんなことリアルの世界で可能だと思いますか?

スポンサーリンク

会社生活はクソ上司に当たると詰み決定!

結論を言いますが、あなたの会社生活はクソ上司に当たった時点で詰み決定です。

つまり、あなたが会社でうまく働けるかどうかは上司次第ということです。

このページを訪れたあなたも、もしかしたらクソ上司が悩みの種かもしれません。

現実問題、仕事でどんなに良い成果を上げたとしても、上司に気に入られなければ会社人生はお先真っ暗です。

上司に気に入られることは、昇進、昇給に密接にかかわってきます。

その為には、自分を殺して上手く世渡りすることが求められます。

例えば、

会社の飲み会には必ず参加する

・飲み会の場では上手な酒のつぎ方や上司の席を回ったり等、肩が凝りそうなマナーを守らなければいけない

・上司のつまらない話でも、面白がってあげなければいけない

・常に明るく笑顔でいなければいけない

・休日の接待ゴルフで「ナイスショット!」などと心にもないことを言う

・挙句の果てには、少々のパワハラやセクハラは受け流さなければならない

こういった世渡り術()を上手く使わないと、上司に気に入られることは多くの業界でありえないわけです。

要は自分を押し殺して、周囲といかにうまくやっていくことが過剰に求められているわけですね。

自分の人生をいつまでクソ上司に縛られるつもりなのか?

さらに厄介なのは、自分ではうまくやって上司に気に入られようとしても効果がなかったり、上司の機嫌次第で評価が変わってしまうということ。

運悪くクソ上司が自分の上についてしまうと、その時点で会社人生は暗礁に乗り上げてしまいます。

だからこそクソ上司と当たった時点で、あなたはその会社から逃げるべきなんですよ。

これを運ゲーと言わずに、何に例えるのでしょうか?

僕が新卒で入社した会社は日本では名の知れた大企業でしたが、希望通りの部署に行くことはできませんでした。

クソ上司がいる職場環境で我慢して頑張ろうとしても人間関係に疲れて病むだけです。

もう働きたくないと感じたら失敗を恐れず、環境を変える選択をとるべきなんですよ。

ここまで色々書き連ねましたが、それでもあなたは、クソ上司が一緒にいる会社にしがみつくんですか?

クソみたいな会社人生にサヨナラするために

「これ以上クソ上司となんて付き合ってられるか!」

あなたは今まさにこう思っているかもしれません。

では、クソ上司と二人三脚の会社人生にサヨナラ…ないし少しでもストレスを軽減するにはどうしたらいいのか?

その為には今すぐ副業を始めることです。

会社の給料以外の収入源を確保していれば、クビきりを過度に恐れなくて済むし、転職する際のリスクも減ります。

単純に金が入る以外にも、会社の給料以外にも収入源があるという安心感はハンパないです。

副業をする時間の作り方については、こちらの記事にまとめました。

プラスαで、できる限り生活費の節約もしたほうがいいです。

何も考えずにお金を使っていると、あっという間に財布がすっからかんになってたりします。そういう経験があなたも一度はあるんじゃないかと思います。

そんな時でもまとまった貯金があれば、突発で大きな出費が必要になってもカバーできますからビビらなくていいですよね?

国や会社が言うことなんて、時代が違えば都合よく変わる

それに少子高齢化と収入減で年金がもらえる保証はありません。

というか今の20代30代は、将来年金がもらえるなんて思わない前提で行動すべきだと僕は考えています。

金融庁による事実上の年金制度の破綻宣言、終身雇用の破綻…

しょせん国や会社が言うことなんて、時代が変わればあっさり変わっちゃうことが今回の件でわかったでしょう?

だからこそ何度でも書きますが、

上の人たちが何を言おうが、

政治がどんな方向に向かおうが、会社の給料+副業収入+生活費節約の3つで、最大限に貯金をつくる。

僕ら平民にできるのは、こういった生存戦略を日ごろから考えて実行するだけ。

トヨタの社長と経団連の会長、日本経済界を牽引するトップ2人が「終身雇用なんてもう守れない」と発言した以上、終身雇用がオワコンなのは事実です。

(今さら感がありますが…)

むしろ歴史を紐解けば、終身雇用が存在していたこと自体が異常なんですよね。

例えば江戸時代では、農家や商人など自営業者がほとんどだったわけですし。

会社におんぶにだっこで面倒を見てもらう時代なんて、それこそバブル崩壊を期に終わってるんです。

自分の身は自分で守る

令和はこういう時代に突入したんだと、危機感を持って行動したほうがいいと思いますね僕は。

クソ上司に倍返し…なんて考える前に

冒頭に書いた通り、ドラマ「半沢直樹」の「倍返しだ!」というセリフが流行語大賞にもなりました。

あのドラマは会社のクソ上司から受けた屈辱を倍返しにしていく、という痛快さが受けたものです。

現代人の多くがひっそり抱える気持ちを代弁したメッセージ性が共感を得たわけですよ。


でも改めて考えてみてください。

現実として、あなたが今クソ上司に悩んでいたとして倍返ししたいですか?

そして本当に倍返しなんて出来ると思いますか?


「そりゃやり返したいに決まってんだろ!」

気持ちは僕も痛いほど理解できます。

僕も何度同じような思いが頭に浮かんだか…。

でもその思いは胸の内に留めておいた方がいいと僕は思います。

現実問題、上司に手を出したら会社人生どころか社会的に抹殺されてしまいますからね。

それに、そんなクソ上司の問題に時間をかけるなんてもったいないと思いませんか?

人生の時間は有限です。

無駄な時間を湯水のごとく使ってはいけません。

地球上に存在する水だって決して無限のものではありませんよね。

もっと自分の大切な人と触れ合ったり、あるいは好きな趣味の時間に使ったり…自分にとって有意義なものに人生時間は使っていきましょう。

これだけは覚えておいてほしいので何度も言いますが、クソ上司に悩み続けるくらいなら、さっさと逃げるべきなんですよ。

人生に”余裕”と”選択肢”を

ブラック企業や過重労働、うつ病、自殺…こういう問題の根本的な原因は、日本の社会人に選択肢と余裕がないことだと僕は考えます。

この2つが不足してるからこそ、クソ上司とクソみたいな会社生活を送るしかない…という状況に陥るんだと思います。

だからこそ副業収入を構築して貯金を増やして、人生に「選択肢」と「余裕」を持たせる。今の時代、僕はこういう生き方をオススメしているわけです。

考えてみてくださいよ?

副収入があれば、その分だけ働かなくてもいいから、労働日数を減らすことができる、つまり労働のストレスを軽減できる

…こう捉えることはできませんか?

実際、労働日数を週5日から週4日に1日減らすだけで、ストレスレベルと生活満足度は大きく改善されるようです。

※参考記事

https://gigazine.net/news/20180723-four-day-week-work/

「週4日労働」で従業員のストレスレベルと生活満足度が改善されたという報告

そうでないにしろ、毎月1~2万円でも副収入があれば、家計は大いに助かるはず。

会社以外の第2の収入源があるか否か、これだけでも精神的な余裕は全く違います。

※参考記事

https://rangelife.org/?p=762

副業することの精神的なメリット7選。金銭面だけでなく精神的にも安定し、本業に取り組めるようになる。

政府の動きに期待できない以上、自分の人生を自助することが必要ではないでしょうか?

さらにうまくいけば、副業の収入が本業収入を上回り会社から独立する選択肢をとることだって可能なんです。

ブロガーやアフィリエイター、youtuberなどネットを見れば、そういう人たちって実はたくさんいるんですよ。

最後に

今回は「クソ上司に当たった時点で詰み!」というテーマでお話ししました。

もしあなたがクソ上司に恨みがあってリベンジしたいと思っても、半沢直樹の如くリベンジを果たそうなんて現実的ではありません。

クソ上司と一緒のジメっとした会社生活から一歩離れ、自分にとっての正しい道を歩む。

その一歩は、自分でできることから淡々と歩み始めること。

結果的にそれこそが、あなたが出来る最高の「倍返し」なんですから。


当ブログで紹介しているホンダ期間工は、

確実に手取り20万以上、満了金もあり、残業ほぼ0、食事代1食無料で味も申し分ない、寮あり(全部個室)、しかも家賃光熱費タダ

という待遇を、無資格未経験学歴なしでも簡単に手に入れることができます。

もし興味があれば、以下の記事でその詳細をチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました